2015年12月

悪を行っている者はみな光を憎む。

そして、そのおこないが明るみに出されるのを恐れて、光にこようとはしない。

しかし、真理を行っている者は光に来る。

その人のおこないの、神にあってなされたということが、明らかにされるためである。

ヨハネによる福音書 3章20~21節

世の中の悪が全て滅び、あなたに救いがありますように。