癌・癌利権に関連する記事

  • 癌保険を販売する保険会社はTVCMを大量に流し、「癌は危険」「癌には高額な治療費が必要」などと視聴者に癌になることの恐怖を植え付け、癌は恐ろしい病気だということが社会の常識となってしまっている
  • 民衆の不安を煽り癌保険契約を多数獲得する一方で、実際には癌患者への保険金の不払いが状態化するなど、アフラックは善人を装う金融マフィア

という病気自体が医療関係者の利権のために考え出された病気なので、癌保険に加入する必要もありません。

  • 癌利権は癌患者を治療する病院・抗癌剤を製造している製薬会社・癌保険を扱う保険会社・製薬会社からキックバックを受ける医師などが、癌患者保険加入者から大金をぼったくる仕組み
  • 医者自身が「自分が癌になっても抗癌剤は使わない」と言っている
  • 抗癌剤は延命治療(完治はしない)
  • 抗癌剤は打ってみるまで効果があるか分からない博打のようなもの
  • 癌利権の儲けを減らすような研究は叩き潰され、研究者は社会的な地位を失い、悪くすれば暗殺される
  • 癌利権とつながっている研究はノーベル賞を与えられるなど称賛される
  • iPS細胞などの再生医療は新しい医療のため臨床研究で患者に被害が出る恐れがあるとして、新たに保険会社が儲かる仕組みが作られようとしている
  • 抗癌剤殺人兵器であるマスタードガスを薄めて医薬品として転用したもの
  • 医者は抗癌剤が毒物であると知ったうえで、癌患者に抗癌剤の投与を勧める
  • 抗癌剤はただのなので、抗癌剤を投与することで抵抗力や免疫力が低下し、様々な症状を引き起こす原因となる
  • 人間のは多数の脳細胞から構成されており、それぞれの脳細胞電気信号で情報をやり取りしている
  • に電気を補充するためには、良いを受けることが重要
  • 祈りで神様から聖霊を受けることで、脳に質の高いを補充することができる
  • 世の中の健康情報を鵜呑みにし栄養ばかり補給しても、良いを補充しが正常に働かなければ体も機能しない
  • にとっての唯一の栄養分がブドウ糖であり、糖質の摂取を制限する健康法は脳の働きを悪化させるため危険
  • 現代科学の源流には先史時代の悪魔教の思想が根付いており、学問をわざと複雑で難解なものとし庶民が理解できないようにすることで、イルミナティが先史時代から伝わる知識や技術を独占し庶民を支配している
  • ワクチンを全て接種させた長男は年を追うごとにどんどん病弱になり、ワクチンを接種させなかった次男は元気に育った実例がある
  • 抗癌剤を打った癌患者は癌がほとんど治らず、寧ろどんどん病状が悪化していった
  • 抗癌剤ワクチンなどの薬には体温を下げる副作用がありしもやけになることがある
  • 癌は体温を上げることで治療できると言われているが(温熱療法という癌の治療法がある)、体温を下げる抗癌剤治療は矛盾した方法
  • ぜんそくを緩和させるための薬の副作用が「咳」であるなど、副作用を知らずに薬を飲むことでかえって症状を悪化させてしまうケースもある
  • 精神薬と同じ成分の坐薬を医者から処方されるまま安易に子供に使用するのは危険
  • 医者に頼り過ぎるのも危険だが、薬を全く飲まないで症状を長引かせるのも効率的ではない
  • マスコミによる「過剰な健康ブーム」が人々の健康不安を煽っている
  • マスコミは広告収入により成り立っているので、基本的にスポンサー(製薬会社・サプリメントメーカー・フィットネスなどの健康産業)の利益になる情報は流しても、スポンサーの利益を損ねる情報は流さない
  • 昔は衛生状態が悪かったり栄養状態が悪かったため病気になる人がいたので医者も儲かったが、今では生活環境が改善され病気になる人も減ったため、ワクチンや癌検診などで積極的に患者を作り出して儲ける仕組みになっている
  • 長年にわたりの研究が行なわれているにもかかわらず、癌の原因が時代によってコロコロと変わる
  • 「癌は危険だ」という説と「癌は危険ではない」という全く正反対の説が存在するのは、実際は「癌という病気が存在しない」から(※悪性の腫瘍は存在します)
  • 従来はたばこ癌の原因とされ、酒を飲んでいる人たばこを吸っている人だと診断されたら受け入れざるを得なかった
  • 現代は酒を飲まない人たばこを吸わない人が増えてきたので、誰もが摂取している砂糖癌の原因に仕立て上げれば、医者の都合で誰でも癌患者にすることができ、と診断された人はそれを否定することができない
  • 癌の原因が未だに特定できていないということは、医者は「癌かもしれない」という理由をつけて癌ではないかもしれない患者癌治療を行なっているということ
  • 研究によって「癌になる原因の新たな事実が判明した」ということは、過去に行なってきた癌治療癌の原因が何だか分からない医者が適当な治療を行っていたという証拠
  • 人間の細胞は約60兆個あり、毎日3000億個の細胞が新たに作られる一方、外傷などで壊死した細胞や役目を終えた古い細胞3000億個が消滅し、新しい細胞と入れ替わるようにプログラムされている
  • 毎日3000億個も作られる細胞には3000~5000個は欠陥品の細胞(癌細胞)も含まれるが、アポトーシスによって自然に消滅するようにプログラムされている
  • 人間には一日に170gの糖が必要であり、そのうち120~130gが脳で消費され、30gが全身に酸素を運ぶ赤血球のエネルギーとして消費される
  • 糖質は生命を維持するために欠かせない栄養素
  • 糖質を制限し糖エネルギーが不足すると、その不足分の補充として筋肉を分解しアミノ酸に変えていくため筋肉量が減っていく
  • 糖質制限ダイエットには筋力低下・骨粗鬆症・動脈硬化が引き起こす脳卒中など様々な病気の原因となる危険性がある
  • 過度な糖質制限は筋肉・臓器・皮膚・骨・血液など肉体を構成する細胞の原料であるたんぱく質をエネルギーとして消費してしまうため、体がどんどん老化する
  • 最初に砂糖を有害物質としたのはマクロビオテックを提唱した思想家桜沢如一
  • マクロビオテック「陰陽思想」「八紘一宇」が根本にある単なる宗教的な思想であり、化学的な根拠はない
  • 長野県が砂糖摂取量全国1位であり、癌死亡率では全国最下位であるデータが示す通り、砂糖と癌には何の関連性もない
  • 乳癌の原因として多種多様な関連性のない事柄が列挙されており、これだけ原因が定まらない病気も珍しい(怪しすぎる)
  • 「乳癌の原因はウィルスではなく、子宮頸癌の原因はウィルスである」と断定されているように、同じという病気でありながら様々な原因が挙げられている
  • 医学でを学ぶ時、「何故癌ができるか?」という根本的な原因・科学的な根拠には全く触れられない
  • 病院に行って「原因が分からなければ癌扱いされる」可能性が高い(医師が主観的に決めても良い仕組みになっている)
  • 抗癌剤は薬価が高額なため高額医療助成金の対象になり、患者窓口負担が月八万円程度で「税金で医療費の殆どが賄われてしまう」官民合同ぼったくり詐欺システム
  • 国立がんセンターを設立したのが日本医師会の会長だった武見太郎であり、武見太郎は麻生太郎と近い親戚であり、麻生太郎は天皇とも近い親戚
  • 日本赤十字社を経営している天皇家一族は、国立がんセンターを通して「癌は危険」「癌は怖い」「癌になると死ぬ」と国民を洗脳し、高額な治療費をぼったくれる癌利権の中心にいる
  • 世界中の医師会関連のロゴマーク悪魔を象徴するばかり
  • エイズなど不治の病と言われている病気のほとんどが医者の儲けの種
  • 有名な医者が人命を危険に晒すリスクを冒してまで「癌は安全だ」と言い切れるのは、実際には「癌という病気が存在しない」から

癌患者を増やしたい癌利権の手口

  • 「禁煙ブーム」によって喫煙者が減っているにもかかわらず、データ上ではなぜか肺癌患者が飛躍的に増加している
  • 携帯電話の電磁波で脳腫瘍になるという説がある(携帯電話が導入されてから過去数十年間で、多くの国で脳腫瘍の発症件数が増加したという証拠はありません)
  • 実験用のネズミの心臓に腫瘍ができたとする研究結果がある(一般的に細胞分裂がほとんど起こらず細胞が極めて増殖しにくい環境にある心臓は、細胞の異常増殖の病気である癌が発生しないと言われています)
  • 副作用で問題になった子宮頸癌ワクチン接種を推進させようとしたのが戦略国際問題研究所(CSIS)であり、CSISは生長の家の創始者・谷口雅春の著書「生命の實相」から多大な影響を受けた稲森和夫大本教から独立したワールドメイトの教祖深見東州(半田晴久)らが理事を務める
  • IT企業の社長だったビル・ゲイツ堀江貴文が予防医療の業界に関わってくるほど、医療利権には医療を全く知らない素人でもボロ儲けできる仕組みがある
  • 日本で初めて人間ドックを開設し、予防治療なるものを広め、嘘の診断で健康な人を癌患者に仕立て上げ、大量の治療費をぼったくった挙句、最終的に抗癌剤治療によって多くの人を殺してきた立役者の一人が日野原重明
  • 日野原重明が「成人病」と呼ばれていた一群の病気の名称を「生活習慣病」に改めた
  • 日野原重明は保守思想を持ち、皇室を崇敬し、度々皇室行事に招かれており、新日本国憲法に勤皇奉仕義務を明記するよう求めている
  • 日野原重明「よど号ハイジャック事件」「地下鉄サリン事件」に関与している可能性が高い
  • 日野原重明が「ライフ・プランニング・センター」を設立する際に、笹川良一が3億円の資金を援助した
  • 市川海老蔵 → 石元太一 → 三田佳子 → TSK.CCCターミナルビル → 町井久之 → 田岡一雄 → 笹川良一 → 日野原重明 → 癌利権
  • 国立がん研究センターを設立した武見太郎の息子が自民党の衆議院委議員である武見敬三
  • 武見敬三の姉は麻生太郎の弟である麻生泰と結婚しており、麻生太郎は癌利権ともつながりがある
  • 乳癌にかかる可能性がある人が、乳癌予防のために乳房を切除することを日本国内で最初に承認したのは日野原重明聖路加病院

日野原重明は新日本国憲法に「勤皇奉仕義務」の明記を求めるなど右翼的な思想の人物ですが、生長の家の原理主義者と呼ばれる髙橋史朗や、日本会議の会長である田久保忠衛が関わっている「民間教育臨調」の顧問だったようですね。

追加情報

癌細胞は切除してみないと、それが癌細胞なのかどうか分からない

  • は手術で切除した細胞を病理検査で調べてみるまではそれが癌細胞であるかは分からない
  • 甲状腺癌だと診断され手術をしても良性結節だった(甲状腺癌ではなかった)例もあった

二十年間、どんなに癌について考えても矛盾しか見えてこない

  • 癌細胞はアポトーシス(プログラムされた細胞死)しやすい細胞であり、癌細胞が際限なく増殖していくということはない
  • 生活習慣を改善しなかったり、いたずらに免疫力を貶める対症療法(抗癌剤治療など)を受けた結果、アポトーシスが進まず癌細胞が増殖しているような錯覚に陥るのではないか
  • 生活習慣を改善したり、対症療法を受けなかった患者に癌の自然退縮が多い

いかにもインチキ臭い癌関連のニュース

上記リンク先の記事では「癌になりやすい性格」として以下のものが挙げられています。

  • 怒りを表出しない。過去においても現在においても、怒りの感情に気づかないことが多い。
  • ほかのネガティブな感情、すなわち不安、恐れ、悲しみも経験したり表出したりしない。
  • 仕事や人付き合い、家族関係において、忍耐強く、控えめで、協力的で譲歩を厭わない。権威に対し従順である。
  • 他人の要求を満たそうと気をつかいすぎ、自分の要求は十分に満たそうとしない。極端に自己犠牲的になることが多い。

癌の専門家が長年研究をしても未だ癌の原因が特定できていないにもかかわらず、心理学者が行った150人程度の癌患者への調査だけで「癌になりやすい性格」などと簡単に定義付けられるものでしょうか?

癌細胞を切除して検査をしなければ癌細胞であるか分からないのに、尿の臭いだけで犬が癌だと判断できるのでしょうか?

「癌探知犬の癌発見率は100%」ということにしてしまえば、どんなに健康な人でも癌患者にしてしまうことが可能であり、癌という捏造の診断をしても医者が良心を痛めることなく全て犬のせいにすることができます。

癌という病気がインチキでデタラメなものなので、このような子供だましにもならないような稚拙な説が数多く存在するのでしょう。

ノーベル賞の受賞で話題沸騰!夢のがん治療薬「オプジーボ」のリスク

  • オプジーボによりがんが縮小した割合は約2割で、効かない人には「ただの水を点滴しているのと同じ」
  • 2カ月ほど続けて、残念ながら効果がなく病気が悪くなる人が多い
  • オプジーボは「効き目なし」と見定めた段階で投与をストップしないとやがては副作用を引き起こすが、どの患者に効果があるかを事前に見極めることはできない上、投与後の効果を早い段階で判断するのも難しい
  • 腫瘍の増大が止まったり縮小したりすれば効果が出たと分かるが、免疫に働きかける薬は効果が表れる前に腫瘍が大きくなることがまれにある
  • 小野薬品工業によると、オプジーボは、2016年6月15日までに推定で7542人に投与され、715人に重篤な副作用が起きた
  • 体重60キロの患者が1年間(26回)オプジーボを使うと年3500万円かかる
  • 仮に5万人がオプジーボを1年使うとすると薬代だけで年1兆7500億円になり、患者の負担は「高額療養費制度」があるため月8万円程度で済むが、残る金額は患者が加入する医療保険と国や自治体の公費で賄われる

効かない人には「ただの水を点滴しているのと同じ」とありますが、これは副作用が全くない場合での話であり、実際には重篤な副作用で死に至るケースも起きており、他の抗癌剤と同様に人体にとって有害なものであり(しかも超高額!)、患者にとって夢の薬ではなさそうです。

「夢の癌治療薬」というキャッチフレーズは患者のためというよりは、むしろ医療関係者が労せず大金をぼったくれるという意味で「夢の薬」ということなのでしょう。

ハッシュタグ #癌は存在しないで最新の情報を確認できます。

ハッシュタグ #癌は嘘で最新の情報を確認できます。

すべて不品行な者、汚れたことをする者、貪欲な者、すなわち、偶像を礼拝する者は、キリストと神との国をつぐことができない。

あなたがたは、だれにも不誠実な言葉でだまされてはいけない。

これらのことから、神の怒りは不従順の子らに下るのである。

エペソ人への手紙 5章5~6節

世の中の悪が全て滅び、あなたに救いがありますように。